魅力的な土

土質改良プラントの多様な用途と金額について

 土質改良プラントとは、建設工事現場や上下水道工事などにおいて必然的に出てしまう土を改良土として再利用することでリサイクルに貢献すると同時に森林伐採の抑制に繋げ地球環境を守る目的で開発されたプラントです。  こうして改良されたプラントは数百円から高くても千円前後の値段で取引されています。用途としては家庭の園芸用、農作物用のほか上下水道工事、埋め戻し用など多種多様な場面で土質改良プラントは活用されています。  安価で利用できることがメリットとなっており、導入されるまでは埋め立て地用として半ば廃棄物扱いされていましたが土質改良プラントとして再利用することによりコスト削減にもつなげやすくするなど様々な経済効果を生み出しています。

価格や市場規模の傾向について

 改良土の販売量としては導入以来飛躍的に増加している傾向にあり、売上金も増大傾向にあります。改良土の相場は年月を経ても基本的に安価のまま安定しています。 改良土を求める需要そのものは減少傾向にはなっており導入当初よりは落ち着いてきてはいますが、リサイクル事業を行うにあたっては土質改良プラントは経済的、環境保護の観点から非常にも適しており国が補助金を出した上で土質改良プラントを利用した事業を行っている自治体も存在しています。  その自治体では改良土を購入して得られる収入よりも改良土を作るもととなる焼却灰などから土質改良プラントやセメントの原料へと生まれ変わらせる際の収入が長期的に見込めることから土質改良プラントを利用した事業は収入源として有用となっています。  今後も販路拡大につなげやすいビジネスとして土質改良プラントは注目され続けており、市場規模も順調に成長していくことが見込まれています。