様々な方法がある

地盤調査を行う前に調べるべきこと

地盤調査で一般的な、スウェーデン式サウンディング試験や標準貫入試験は、敷地の一点のみを調査する方法です。したがって、そうした地盤調査を行う前に、より広く、敷地の地盤情報を収集することが必要です。 地盤情報は、地盤調査以外にも、様々なものから得ることが出来ます。敷地だけではなく、周辺の地域を含めた地形、地質、地理などに、総合的に目を配ることが大切です。 地層構成や地形の特徴から、表層地盤のおおよその状態の見当をつけることが出来ますし、その場所の地歴を知ることも有効です。たとえば、水田を造成した宅地であれば、軟弱地盤が予想されます。 そうした総合的な情報を収集する工夫をすることが、地盤調査による結果を補強することになります。

地盤調査の方法

地盤調査とは家を建てる前などに行う調査で、主にスウェーデン式サウンディング調査、ボーリング調査、表面探査法という調査方法があります。 スウェーデン式サウンディング調査は地盤が25センチ下がるまでにハンドルを何回転させたかで地盤の強さを測定し、木造住宅に向いている地盤調査です。 ボーリング調査は先端にサンプラーを取り付けたロッドの上に63.5キロの重りを76センチ自然落下させサンプラーを地面に30センチ下がるまでにめりこませるのに要する打撃数で地耐力を調べる、木造住宅には不向きな地盤調査です。 表面波探査法は振動派を発信し地盤のかたさを調べる地盤調査です。 どの調査も1箇所2万円ほど4〜5箇所で5〜6万円で行うことができます。