良い環境を作る | 土地の安全性を把握するためには地盤調査がとても大切です

良い環境を作る

地中熱利用の推進について

地中の深さ10mくらいの所は、平均気温が年間ほぼ一定になものとなります。四国や九州では20度、北海道でも10度くらいとなります。この地中熱が一定であるということを利用して高率的に熱エネルギーとして利用していこうとするのが地中熱利用の目的です。 この地中熱利用は、欧米で広く普及しています。日本ではまだまだ知られていないのですが平成22年よりエネルギー基本計画に書き込まれました。それによりこれから地中熱利用が期待されているのです。 この地中熱利用のメリットは、日本どこでも年間を通して利用することができ環境汚染の心配がないことです。節電効果もあり、CO2排出の心配もないことです。 アメリカに遅れて日本でも助成金が出るようになったのです。

施工例やこれからの普及について

地中熱利用が注目されるようになり、日本でも施工例がいろいろなところで見られるようになりました。 東京のスカイツリー地区や山形の県道などで利用されています。山形の冬の道路は雪が降っても地中熱利用で凍結することなく安心して通ることができるのです。 除雪の心配もありません。 温水プールやグリーンハウスなど花や野菜の栽培にも利用することができるのです。 このように地中熱利用することで大きなメリットを得ることができるのです。 地中熱利用の仕組みは、ヒートポンプシステムという方法で行います。 ヒートポンプシステムとは、地中熱交換器というものを使い液体などを循環させて熱を取り出します。取り出した熱を温度領域に変換し、冷暖房や温水にするというものです。 これからは期待されるものとして地中熱利用したコミュニティーです。 一地区に、病院や学校、店舗などが地中熱という同じインフラを利用することで効率的に熱エネルギーを利用できるようになるのです。